全国のおすすめAGA治療病院を都道府県別に紹介

AGA治療病院掲載数:1706

神の薬 プロペシア

サプリメント

自分が初めてAGA治療を行ったのは10年くらい前です。その頃AGA治療という名称はあまり一般的でなく、治療方法も怪しい塗り薬やシャンプーなどの半ば迷信に近いんじゃないか、というような方法が飛び交っていました。

しかし自分も含め、髪の悩みに絶望していた人たちは「効果がある」という一言だけで様々な治療方法に手を出していました。その頃の自分は頭頂部がやや薄く、前頭部がかなりきている状態だったのです。

頭頂部に比べて前頭部は治りにくい、というのが通説でしたし、高い塗り薬や汚れを吸着するシャンプー、入浴後の頭皮マッサージや逆立ち(血行が頭皮に行くと聞きました)、何をやっても額は後退するばかりでした。

もちろんそんな状況でしたから、インターネットのサイトで情報を収集するのはほぼ日課になっていました。

そんなある日、「飲む毛生え薬」という一文を見つけたのです。最初は良くあるサプリメント類かと思ったのですが、「医者でしか処方できない」「医薬品」「前頭部が甦った」などのフレーズが目につき、どうせ今までの方法は効果がなかったのだし、試せるものは試そう、と思い皮膚科のドアを叩きました。

医者から説明されたのは、「プロペシア」というAGA治療薬です。

フィナステリドという成分が発毛を促進させるそうです。(正確には抜け毛の原因を阻害させるのですが)「治療薬」ですので、今までの民間療法ではなくきちんとした薬ということもあり、前向きに検討したのですが、ここで一つ問題が。薄毛は病気ではないので(当時)保険対象外で全額自己負担のかなり高い薬でした。

効果が出るのに早くて半年、遅くて数年とのことでしたので、それを毎月払えるかどうかかなり悩みました。

悩んだ末に出した答えは「今までの治療方法をすべてやめて薬1本で改善させる!」でした。よく考えたら、育毛シャンプーや育毛トニックなどで毎月薬代位の金額を使用していたので、それをやめれば費用は捻出できます。

そうして処方されたプロペシアを毎日祈りを込めて飲みました。
比喩でもなんでもなく、本当に祈りながら飲み続けました。

最初の数か月は特に変化はなかったように思いますが、半年を過ぎた頃、まず頭頂部の「テカリ」が無くなりました。たぶん髪が太くなったのだと思います。前頭部はその時点では効果は見られませんでしたが、頭頂部が改善したことにより、希望が見え、さらに半年間服用を続けました。

服用して1年、頭頂部は薄毛が全く分からなくなりました。前頭部は、額こそ狭くはなりませんでしたが、前髪の貧相な感じ、というか、コシの弱い、雨に濡れるとわかってしまうような悲しい前髪の細さが改善しました。よほどのことがない限り他人からもバレにくい髪になりました。

それから3年間飲み続けた結果、前頭部もやや広めのままではありますが、他人からは全く分からなくなりました。心配していた副作用もなく、ただただ効果が実感できました。

自分にとっては人生を変えてくれた神の薬です。

現在口コミはありません

口コミを書き込む



スポンサーリンク
AGA治療病院名などで検索できます。
スポンサーリンク