全国のおすすめAGA治療病院を都道府県別に紹介

AGA治療病院掲載数:1706

AGAクリニックでAGAを治療

お金をおでこにあてる男性

現在40歳の男性です。もともと髪の毛は若いころから太くて多いのが特徴で、むしろ毎朝髪型を整えるのに苦労していくらいでした。しかし、それが38歳くらいから急に抜け毛が増えるに様になってきました。

というのも、風呂に入って上がる時に、排水溝にべったりと抜け毛がついているのを見かけるようになったのです。つまみ上げると細くて短い毛が2,30本ありました。

それで気になって、鏡を見るようにしていたところ、どうも髪の毛の額のこめかみあたりの頭皮が透けて見えるようになってきたのです。これはまずいと思い、今までがフサフサだったので、むしろ自分が薄毛というかハゲになることを異常に恐れる気持ちがわいてきました。

それであわててネットなどで調べてみると、私のはどうもストレスなどによる抜け毛ではなく、AGAではないかということが判明してきました。その理由としては、抜け毛が普通の成長しきった太い毛ではなく、細くて短い、産毛に近いようなものだということがあります。

このような成長しきれない髪の毛が抜け毛になるのは、AGAの特徴のようでした。だとしたら育毛剤などでは効果がないということも、調べていくうちにわかってきました。

そしてAGAはむしろ病気に近いものなので、薬か病院に行かなければ抜本的な治療はできないようなのです。それで、病院に行くのはさすがに抵抗があったので1か月ほど考えましたが、やはりこのままハゲていくことと比較したら、病院に行くことの方を選んだ方がよいという結論に達しました。

なんでもネットで調べる癖がついているので、ネットで「薄毛治療 aga おすすめ 比較」で検索し、その検索結果の中から、よさそうな(費用が明確に書いてある)クリニックを選んで、ネットで予約をしました。

そして、予約の日に恐る恐るそのクリニックに行ったところ、まずはカウンセリングをされ、拡大テレビのようなもので頭皮を調べられて、やはりこれはAGAだと思われるという診断を得ました。

そしてその治療法としては、1番安いのですと月1万円くらいで薬だけて治療する方法、高いほうで言うと薬を注射で頭皮に直接注入する方法で、これですと半年で30万から50万くらい、ということでした。

さすがに30万も50万も出すのはちょっとやり過ぎだと思ったので、月1万円の薬処方にしてもらいました。

薬は飲み薬と塗り薬で、効果が現れる確率は60%だということでしたが、薬を使い始めて2週間もすると、抜け毛がピタッとなくなりました。そしてさらに使い続けると、こめかみの頭皮が見えていた部分にも産毛が生えてきたのです。それを3か月も続けると、髪の毛は元のフサフサに近い状態になりました。

ただ薬を止めるとまたAGAが発症する、ということでしたので薬は使い続けています。

現在口コミはありません

口コミを書き込む



スポンサーリンク
AGA治療病院名などで検索できます。
スポンサーリンク