全国のおすすめAGA治療病院を都道府県別に紹介

AGA治療病院掲載数:1706

AGA治療の様々な方法

薬や注射

AGAは一種の肉体的な障害であり疾病ですので、普通の育毛剤などでは治りません。中には優れたメーカーが独自開発した成分で治るケースがないとは言えませんが、一般的にはAGAに効果があると認めれられているのはある薬剤しかありません。そういうAGAですので、治療法については非常に限定的な形となります。

おもなものを挙げると
・内服薬、外用剤
・病院での治療(薬剤の注入)
・病院での自毛植毛
・自分で個人輸入した医薬品
になります。

その一つ一つについて概要を説明します。

まずは、AGA専門のクリニックに行って、薬剤を処方してもらう場合です。先に、AGAに効果があると正式に認められたものは、2種類しかないと書きましたが、それはミノキシジルという塗布剤と、プロペシアという服用剤です。AGAに唯一効果があるとアメリカのFDA(日本の厚生労働省のようなもの)で公認されたものです。

AGA専門のクリニックに行くとこの2つを処方されます。これを毎朝晩に服用し、塗布することでAGAは確率として60%の人が改善すると言われています。費用は、月に1万円くらいなので(保険は効きません)、一番手軽く、AGAの治療ができる方法です。

2つ目の薬剤の注入ですが、これにも2つあります。1つが「育毛メソセラピー」、もう1つが「HARG療法」と言われるものです。ただどちらも、先に書いた2つの薬とそのクリニック独自に開発し配合した薬剤を、細い注射針によって頭皮に直接注入する、という方法に変わりはありません。

効果的には、80%~90%の人に育毛効果があらわれると言われています。ですのでかなり確率の高い方法ではありますが、半年で60万円から80万円の費用が掛かりますので、かなり覚悟を持って治療に臨む必要があります。

3つ目が薬剤とは全く違う方法によるAGAの治療法です。それは一言で言ってしまうと「植毛」です。しかし他人の毛根を植毛すると、拒否反応が出て効果がないばかりか健康に影響しますので、最近では、自毛植毛が主流です。それは、うなじあのあたりの毛を、皮膚ごと切り取って、毛の薄いところに受けこむ党治療法です。

痛みなどは最近の技術ではありませんし、AGA克服の確率としては、要は物理的に毛を植え込み、それが自分の毛なので拒否反応なく定着しますので、ほぼ100%です。

ただし、費用としては100万円以上かかる、非常に高価なもとなっています。以上のものがAGA治療での最前線で行われている治療法です。費用の点、効果の点などをよく考えて選択しましょう。

スポンサーリンク
AGA治療病院名などで検索できます。
スポンサーリンク